小春日和

【多目的スペース&カフェ】たくさんの笑顔が集まる空間です。
カフェ、占い、各種講座、イベント開催など。
貸スペースのご利用もお気軽にご相談くださいませ。

写真:店舗外観

私たちについて

2008年10月、函館の八幡町に『むげん空間 小春日和』は誕生しました。民家を自分たちで改装して一面まっしろの何もない空間。何もないけれど、無限のみんなの想いをカタチにできる場所として、展示会・手づくり品のワークショップ・旅人や地域で活動する人のトークイベント等の自主企画を行うほか、美術展・写真展・オーロラ映像の上映会・演劇公演・セミナー・講座の開催など、十人十色にみんなで創り上げる多目的スペース(フリースペース)として活用されています。2009年には、人々が気軽に集い留まれる場所を目指してカフェを併設。2011年8月1日、株式会社インフィニティ スペースを設立し、運営者を法人化。これからもたくさんの笑顔があふれる場所にしていきたいと思っています。『こんなことできるかな』『やってみたいけど何からはじめていいのかわからない』そんな想いを抱えた人たちと日々出会い、夢の実現にむけて 私達もお手伝いしていきたいと思います。むげん空間をあなたの空間にしてみませんか。

写真:カクテル
小春日和 店舗前にて撮影。

株式会社インフィニティスペース
代表取締役 宮川友里のこと

1982年2月10日生 両親の実家がある北海道名寄市で生まれ、函館で育つ。

函館工業高校インテリア科卒業後、経営者になりたいとの思いが強く、見聞を広げ幅広い経験を積むため、観光業・IT業・デザイン業・サービス業・調理・広報企画・病院事務・介護・新聞社などの職場を経験。自己啓発本を読みまくり、資格マニア時代を過ごした後、2004年よりイベントボランティアや市民活動などにも参加。仕事、勉強、そして市民活動の3つの分野を通して、地域の宝とも呼ぶべき「ひと」・「もの」・「こと」を多く知るようになる。その一方で、老若ともに未来への夢や希望を描くことが難しくなっている社会の現状をも痛感。地域に点在する「ひと」・「もの」・「こと」が互いに出会い、実を結ぶ世の中に自らが変えていくことで社会に貢献したいとの想いが強くなり、「つなぐ」をテーマに26歳で起業を決意し『むげん空間 小春日和』開業。

現在様々な事業を行っていることから、起業創業相談を受けたり一緒に事業を立ち上げるサポートも行うなど地域産業プロモーターとして日々仕事しています。

―未来への想い―

~心豊かに暮らせる社会を実現するために~函館地域の経済活動や文化活動がより多彩で活発なものになるよう、さらなる取り組みを行ってまいります。

このページの上に戻る